スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波乱の引越し

すこし前の話になりますが、家の売主さんや銀行さん不動産の方達との兼ね合いで、
家の引渡しは、この話し合いの2週間ほど後の、月末28日に決定しました。

あらかじめ退室を伝えていた不動産家さんに、

「次の月の10日頃に出ようかと思っているんですけど」

と言うと

「それではその月の家賃は丸々掛かります」

と言われ、(ま、当たり前か・・・)引越し先はアパートと直線距離500m位なので、30日の日曜に引っ越せば良いや~ってな甘い考えで

「じゃ、今月出ます」と返事したのが運の尽き・・・

引越し一週間前になると、台風発生の情報が!

ただ、30日は、台風直撃の日とずれていたため、まだまだ安心してました。

週間天気予報は晴れ。


が、日に日に台風の動きが怪しくなり、、予報も晴れ→曇り→小さい傘マークと変わっていくじゃありませんか!!!

アパートは退出が決まっているので、なんとしても引っ越さなければいけません!
そして嫁は妊婦!

頑張れおっさん!

という事で、急遽、土曜に休みを貰い、
嫁には子供の世話と簡単な仕分けを、無理せずやってもらいつつ、おっさん一人で馬車馬のように荷物運び。

全体の60%ほど運んだ所で日が暮れたので、やむなく作業を中断。

この夜天気予報を見ると、日曜は昼から雨の確率100%!!!しかも横殴りの暴風雨!!!

とはいえ、どうしようもないので、その日は就寝。

次の朝5時位にとりあえず起きて外を見てみたら・・・・西の空から黒い雲がズンズン迫ってきてます!!!

こりゃイカンってな具合で、嫁と息子は夢の世界にいざなわれてる中、おっさんは夜逃げ屋本舗ばりに薄暗い中を大汗かきつつ荷物運び。

その後、オヤジや姉貴達の応援もあり、若干の雨に見舞われつつも、昼前になんとか引越し終了出来ました・・・。

ありがたし。
 
結婚式も台風に翻弄されたし、オイラ達夫婦はどちらかが、雨男雨女以上の台風野郎の様です・・。




まぁ、新しい家なら、大変なのはここで終わりですが、そうは行きません。

なぜなら、ここはオンボロ屋敷。

居間は、売主さんが若干リフォームしてくれているので、まぁ、ほとんどそのまま使えますが、寝室にしようと考えている和室が

P1000381_convert_20121204000333.jpg

こんな感じ。

畳は新しいものの、写真ではわかりませんが壁はかなりシミだらけ。

嫁いわく

「触りたくない壁」

との事。

そして、おっさんの孤独な戦いの火蓋が切って落とされました。



スポンサーサイト

comment

Secret

No title

先日は、ブログへの書き込み有難うございました!
One Story Houseにお邪魔した時に、spoonrideさんが、お引越しのことをお話されていた記憶が蘇りました。古い家とはいえ、ご新居ですから、おめでとうございます!ですね。

私も帰りの飛行機のこともあったので、台風は気になっていました。高知にお邪魔したのに、坂本龍馬のものをひとつも見ずに帰ったのは結構希な部類なのかと・・。今度は美味しいものを食べに行きたいです。

四万十の海洋堂では、あれだけの数のカッパの中でも本当にさるべしさんの作品がひかっていました!

先の記事の、お風呂。ちょっと、ケルヒャーの高圧洗浄機で洗ってみたい気持ちになりました。見違える程ですね!素晴らしい。

ありがとうございます

こちらこそ、拙い文章を読んでいただきコメントまで。
ありがとうございます。

本当にボロ家なので、korogaruishiさんのご自宅とは月とスッポンでお恥ずかしい限りです・・・。

苦労や不安も多いですが、こんな家しか買ってやれない旦那に愚痴をこぼさずに付いてきてくれる嫁さんに感謝しつつ、少しでも住み易い家にする為、毎日頑張っております。

住んでいる人間にはイマイチわかりませんが、高知は美味しいものが多いと観光客には好評のようです。
何も無いところですが、また、ゆっくり遊びにいらしてください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。