スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目ん玉

相変わらず家ではグータラですが、ちょっと試したいことがあり実験してみました。


以前書いた様に、安価の市販のアクリルドールアイは使い易いのですが、

瞳孔が大きすぎる事と、猫や羊などの特殊な目が無いということで、どうしたものかと思ってました。


で、かなり色々と調べた結果、ネイルなどに使うアクリルストーンのマルポコなる物が使えるらしい。

P1000028_convert_20120229224831.jpg

コレの良い所はサイズが豊富なうえ安価。  貧乏なオッサンには非常にありがたいです。

ネイル用で裏が銀色になっているので、まずは裏面をペーパー掛けします。

P1000092_convert_20120229225811.jpg

ペーパー跡が白く残りますが、そのまま続けます。


続きまして、紙にアクリル絵の具で虹彩と瞳孔を書きます。

P1000090_convert_20120229223843.jpg

先ほどペーパー掛けしたマルポコを透明ホットガンで位置を調節しつつ接着。

P1000095_convert_20120229224024.jpg

ペーパー掛けの白い跡も傷にホットガンが入っていくのでちゃんと透明になります。

位置決めに失敗してもマルポコを紙からむしり取って再利用できるのでありがたし。


で、ループエンドに白のホットボンドを使って固定すると

P1000097_convert_20120229224312.jpg

左が今まで使っていた半自作ドールアイ、右が今回作ってみた完全自作ドールアイ

どうやら上手くいきそうです。

これで問題ないなら、色々バリエーションも出来るので嬉しいのですが・・。

さて、どうなるでしょう?
スポンサーサイト

comment

Secret

すごっ!!

つりたての魚の眼だ! 物を作れるってすごいな~( ̄^ ̄) 尊敬します!!

そうでもないよ。

この目は誰でもつくれます。

娘の誤飲に注意して、君も試してみよう!・・・なにに使うかは分かりませんが。

No title

ガラスのお教室に人形作家さんがいらしているのですが、特別なお人形(といってもいわゆるお人形でなくて、想像上の人形なのですが)やはり目だけを個展のために作っていらしゃいます。
だんだんガラスの色の出し方になれてきて、ずいぶんイメージ通りに色が出るようになったそうです。

皆さん、工夫されているのですね。
また作品拝見させてください。

NOE さんへ

グラスアイはとても綺麗なので使いたいのですが、やはり高価なのと、自分の欲しいサイズや色の問題で中々使えないんですよね。

でも、自分で好みのサイズや色形を作れたら、楽しいだろうなぁと思います。

先生がいるとそういう事も出来るんですね。
その人形作家さんが羨ましいです。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。